★バガヴァット・ギータはどの出版社がお勧めですか?

この記事は3分で読めます

頂いたメールから。

ラインでいつもお世話になっています。●●です。
「波動を上げるモノ下げるモノ」を
プレゼントしていただきありがとうございます。

かれこれ40年ヨガを実践しています。
瞑想も習慣になっていますが
最近人生ひっくり返るような事があり
感情(怒り)について考えていました。
今から波動を上げる環境に身を置くことに意識して生きます。

バガヴァット ギータはどの出版社がお勧めですか?

沢山のこと本当にありがとうございました。
疑問に思っていたことがスッキリしました。
FBで友達リクエストさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

まず、40年もヨガを続けていたことに
感謝を。

以下の理由からです。

Q: What are the most valuable qualities for a spiritual seeker?
霊的探求者にとって最も価値ある資質は何ですか?

(中略)

9. Appreciate that every step forward
benefits everyone. One’s spiritual dedication
and work is a gift to life and the love of mankind.
全ての前進は、全員の益となる。
人の霊的な専念と実践は生命への贈り物であり、
人類への愛である。

From: “I: Reality and Subjectivity” (2003),
Chapter 6: Realization, p.108–109,
Dr. David R. Hawkins
「わたしー真実と主観性」第6章:覚醒
p.108–109, デヴィッド・ホーキンズ博士著 から。

バガヴァッド・ギーターは、

古代インドから存在する聖典ですが、

意識レベル910で測定されています。

Dr. David R. Hawkins, Truth VS Falsehood,
p366 から

真実のレベルがこれほど高く
しかも現代に残っているものは、
極めて少ないため貴重です。

日本語訳でお勧めなのは、

個人的には
岩波書店のものです。

中村元さんという
仏典を含めたインド系の
研究者の方が、翻訳したもので、

注釈がとても充実しています。

言葉が、インド哲学の用語が
多いため、

アーユルヴェーダの本質とか、
インド哲学そのもののをかじってないと

理解が難しいのですが、

読みやすさよりも
正確度のほうが重要です。

他の翻訳だと
詩的に訳したものもありますが、

個人的には
どうでもよく好みの問題と思います。

怒りについて、ですが、

そもそも人はなぜ
他人や社会などに対して怒るのか?

それは、
「違い」とは単に違いでしかない、

ということを
受け容れられないからです。

それは、

自分のものさしが絶対である

という、

エゴ(自我)の基本的な部分から来ます。

聖書には、

“Do not judge, or you too will be judged”
(Matthew 7:1).
裁くな。さもなくばあなたも裁かれることになる。

「復讐してはならない。民の人々に恨みを抱いてはならない。
自分自身を愛するように隣人を愛しなさい。
わたしは主である。 」(レビ記19・18)

と、あります。

これは、

罰を下す恐ろしい神のことではなく、

神の創造物すべては
完璧な調和を成しているため、

神の判断だけが正確である、
(ゆえに神の裁きに任せれば良い)

ということです。

人間の「裁き」つまり
善悪の判断は、

そもそも情報把握に限度がありますから、
まったく信頼に値しない、と言えます。

仏教の言葉で言えば、

「因果応報」の母体が
【絶対的存在】である、

ということ。

すべての思考、
すべての言動は、

宇宙に記録されており、

各人のカルマに応じて
いつか、
なんらかの結果として返ってきます。

(「引き寄せの法則」の究極的な説明)

つまり、

怒り、恨み、などの
意識レベル200未満の思考や言動は、

いつか(今生ではないにしても)、

自分に返ってきます。

親切、貢献、慈悲、などの
意識レベル200以上の思考や言動も、

同じように返ってきます。

「情けは人のためならず」

ということわざは、
端的にこのことを表しています。

話しを戻すと、

自分のものさしでは受け容れられないことも、
単に、違いである、

ということを
100%受け容れられれば、

何に対しても怒りは沸きません。

100%は難しいかもしれませんが、

事実とその解釈の違いに気づけば、
受け容れは可能です。

なお、
受容(意識レベル350)以上の状態で
ほんとうのゆるしが可能になります。

ゆるすことと
受け容れることは、同義です。

事実を、単に事実として
認めることが、受容であり、
必然的にゆるしとなります。

Thank you! Please Share this:

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


無料プレゼント
【波動を上げるモノ下げるモノリスト427】

波動を上げるモノ下げるモノリスト427

科学的に実証済のこのリストを手に入れることで、あなたはずっと効率的に波動を上げ、意識レベルを高めてゆけます。日本ではここにしかない情報です。必ずGETして、日々の生活に取り入れて下さい!

※活用のためのお知らせメールが届きます。
※携帯アドレスの場合は coffee-ex.jp を受信設定してください。

メールアドレスを入れてください。

プロフィール

江上知幸

1979年名古屋生まれ。名古屋大学理学部卒。同大学院中退。幼少の頃より聖書を学ぶ。少年時代は科学を好み、勉学に励んだ。…続きを見る

ブログランキング応援お願いします

江上のFacebook

フォロー歓迎! 江上知幸フェイスブック

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

Top