★愛と「愛の表現」の違い

頂いていたご質問から。

「愛」についてのお答え、ありがとうございます。

江上さんの、
「私は、私を通して現れる
愛の表現をしています。」
が私にはイメージ出来ません
いつか…そう感じられたら幸せだろうな
(感じるものなのかすら分からないT_T)

今日、「パワーか、フォースか」が届きました^ – ^
ゆっくり読んで行こうと思ってます♪

あと、先行予約の支払いはPayPalだけですか

愛って何?

と、古今東西老若男女、
問い続けられてきましたが、

愛というのは
一般の、特定のものではないので、

小学生=小学校に通っている人

みたいな定義はできないです。

聖書の第一コリント13章で
使徒パウロが愛について書いている箇所がありますが、

そこでは愛の「性質」について書かれています。

愛とは何かをダイレクトに指し示すのは、
日常言語の言い回しでは不可能ですが、

愛の性質、つまり表現については
語ることができます。

日常用語ではなく
科学的言い回しでいうと、

愛は存在の根源である
無限のパワーを持つ非線形エネルギーフィールドであり、
それが表現されたもの・事象などは意識レベル200以上で測定される

ということになります。

ここでの「愛」は、
そのまま「神(God)」に置き換えても同じことです。

用語や名前はともかく、
絶対的存在、ただひとつの実在のことです。

かんたんにいうと、

愛にはかたちはないのです。

見たりさわったりはできないのです。

人間にわかるのは
愛の表れだけ。

・階段で転びそうになったおばあちゃんを
とっさに支えて助けたスーツ姿の男性の行動

・3時間おきに授乳する新生児の母親の努力

・夢中で勉強する学生の姿勢

・大切な人達を守るため訓練に励む軍人

・穏やかな瞳で見つめ合う恋人たち

・家族のために夕飯を作っている人の姿

などなど、

愛だね〜と言われるものは
愛そのものではなく、愛の表現のことなのです。

正確には
意識レベル200以上で測定されるものは全て愛の表現です。

人間の例ばかり挙げましたが、
花や音楽でも同じです。

なお、普通、

愛というと、
親子愛、家族愛、恋愛の愛、友情、

などくらいしか
想像しないものですが、

実にいろいろあります。

デヴィッド・ホーキンズ博士の
「パワーか、フォースか」の中で、

社会、政治、芸術など、

いろんな分野での愛の表現(パワーの表れ)が
説明されているので、読んでください。

以上を踏まえると、

>「私は、私を通して現れる愛の表現をしています。」

が、分かるでしょうか。

あなたも毎日しているはずです。

Thank you! Please Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です