★現状を見ると願望は叶いづらくなるのか?

今回は引き寄せの法則の話し。
頂いていたご質問から。

江上さん、こんばんは。
いつも学ばせていただいております。
ありがとうございます。

以前、願望を叶えようと思ったら、コントラストを強めない。と聞いたことがあります。
エイブラハムだったかな?
このコントラストを強めない..が、今ひとつ理解できません。
現状願望がかけ離れてると思われる場合、現状を認識することでコントラストを強めるように思ってしまいます。
よろしくお願いします。

メッセージありがとうございます。

その言い回しは
エイブラハムですね。

少なくとも私の知っている10年前までのエイブラハム

願望を叶えようと思ったら、コントラストを強めない

これを
かみくだいて言うと、

願望を叶えたいなら
願望にちゃんとフォーカスしろという話しです。

で、よくあるのが、

質問にあるように、

現状を認識、つまり
いまを見ることで
「叶っていない状態」にフォーカスしてしまい、

叶いづらくなるんじゃないか?

という点。

これですが、

ぶっちゃけ本人次第です。

現状認識もせずに頭お花畑では
そもそも暮らしが続かないし、

逆に、現状ばかり見ていては
の入る余地がありません。

キーポイントは、

現状認識:地に足付いた状態

で、

叶った状態を思い描く:空を見上げる

ということ。

下ばかりみて歩かず、

空に浮かんでいるのでもない、

地面に立って空を見るような感じです。

これが一番バランスのとれた
ポジティブな姿勢と言えます。

で、

たいていの人が
現状認識の方向に目が向きがちなので、アドバイスですが、

現状を見るときに
いちいちネガティブな思いで見るクセをやめてください。

財布の中身が一番典型的です。

現状認識とは
現状の認識であって、

そこに判断や不安を付け加えることじゃないです。

いま財布に5万4千947円入っているなら、
現状とはそれだけのこと。

それが少なくて足りないから不安、
とかいうのは現状つまり事実と無関係です。

7千円でも充分な場合もいるし、
1束(100万円)でも足りない場合もあるのです。

ちなみに、

現状を確認するときに
いちいち不安になるクセがある人は、

上記のような
ちゃんとした現状認識ができません。

そんな人が軍の補給部隊にいたら、
即刻クビです。

まともに報告ができないので。

あなたは、
あなたという大切な人に
ちゃんと補給状況を報告しているでしょうか?

現状報告にミスがあれば
作戦全体が崩壊します。

毎日の暮らしから、
目標達成に至るまで、

すべての土台が台無しです。

ふわふわしたマシュマロ頭のスピ系は
ここを直視するのが怖いので、

足を地面に付けるのをやめて
浮いちゃうんですね。
(周りから見て)

土台が明らかにダメダメなのに、
頭だけはお花畑だと、

第二次大戦で暴走した日本陸軍のように、
前線で残された道は玉砕です。

リーダーがこれでは困ります。

部隊が壊滅します。

あなたは
あなたのリーダーなのですから、

土台と目標(願望)と、
両方とも見ねばなりません。

土台がしっかりしているか確認し、
目標にブレがないか確認してください。

エイブラハムの教えの限界は
こうしたレベルでの話しをしていない点です。

スピ系の中でも結構良い
というか「良かった」もので、

私もかつては役だったのですが、

伝える人や
受け取り側の解釈によっては

他のふわふわ系と同じような結末を招いています。

なお、

ブランクができる前の最後の公式本が出た年
(2010年)より後のエイブラハム

以前の私の2人キネシによる測定ですが、

意識レベル200未満に落ちていて、
情報源が変わっています。

もう役に立ちませんし、
見ないことをお勧めします。

何か思いついたら
またメッセージください。

ではでは。

Thank you! Please Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です