どうしようもなくなった時の対処法

この記事は1分で読めます

基本的にみんな、
がんばり屋さんです。

自分のため、家族のため、
いろいろがんばってきたと思います。

しかし、

「もうこれは絶対に限界!」
ということが、

人生には起こります。

誰もスーパーマンではないので
それは当たり前のことです。

ところが我々は
それを認めたがらない。

なぜなのでしょう?

それは、

自分を超えた【大いなるもの】を
認めていないからです。

信心深い人は
最初から頭にこれが入っていますから、

マジやばい状況になると
頼れる【大いなるもの】にすがれます。

日本人なら信心深くなくても
「困ったときの神頼み」といって
思わず祈りますね。

そういう文化だからです。

そう、ここが出発点です。

ここで、素直になって、

「自分ではムリ」という事実を
認められれば、

スタートを切ることができます。

先日、

中学時代の英語の先生に
20年ぶりに会ったのですが、

彼は娘さんの病気の一件で
このことに気付いたそうです。

彼のように
なにかしら「事件」が起きないと
人はなかなか、大事なことに気付きません。

自力を超えた
【大いなるもの】。

それが何かはともかく
人は最終的にそれにすがるしかありません。

我々は、

病気になるし、
感情に飲まれておかしくなるし、
正確に判断できずミスをするし、
情報を適切に処理しきることもできません。

そもそも作りからして限界があり、
どうしようもないことは、避けられないのです。

どうしようもなくなった時の対処法、

テクニック的には
そんなものはないのです。

ただできることは
素直になること。

自分にはムリという事実を認め、
【大いなるもの】に委ねる姿勢を見せることです。

「そんなことをしても解決しない」
そう思うかも知れません。

それは、【大いなるもの】が
どんなものかを知らないからです。

Thank you! Please Share this:

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


無料プレゼント
【波動を上げるモノ下げるモノリスト427】

波動を上げるモノ下げるモノリスト427

科学的に実証済のこのリストを手に入れることで、あなたはずっと効率的に波動を上げ、意識レベルを高めてゆけます。日本ではここにしかない情報です。必ずGETして、日々の生活に取り入れて下さい!

※活用のためのお知らせメールが届きます。
※携帯アドレスの場合は coffee-ex.jp を受信設定してください。

メールアドレスを入れてください。

プロフィール

江上知幸

1979年名古屋生まれ。名古屋大学理学部卒。同大学院中退。幼少の頃より聖書を学ぶ。少年時代は科学を好み、勉学に励んだ。…続きを見る

ブログランキング応援お願いします

江上のFacebook

フォロー歓迎! 江上知幸フェイスブック

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

Top